楽天銀行カードローン審査

楽天銀行スーパーローン審査のポイントだけでなく口コミ・評判や借入限度額、審査時間やその流れ、融資スピードといったメリット・デメリットを紹介。

楽天銀行楽天銀行カードローン審査の口コミと評判をまとめました。

楽天銀行カードローンは、総量規制(年収1/3制限)の影響をを受けない!年3.8%〜13.8%と低金利。100万円までなら収入証明書も不要。最大800万円まで借入可。


楽天銀行スーパーローン審査のポイントだけでなく口コミ・評判や借入限度額、審査時間やその流れ、融資スピードといったメリット・デメリットを紹介。

楽天銀行スーパーローンの詳細

楽天ローンカード★1.ローン名
楽天銀行スーパーローン
 ※楽天銀行が提供するカードローンです。

★2.利用できる対象者

下記の申込条件に適合する個人の利用者
 【1】年齢 満20歳以上、満60歳未満の方。
 【2】日本(47都道府県)内に居住している方、外国籍の方は永住権を持っている方。
 【3】基本的に、毎月安定し継続した収入が見込める方、または、配偶者に定期的な収入がある専業主婦の方。
 【4】楽天カード株式会社または株式会社セディナの保証を受けことのできる方。


★3.使用目的
基本的に自由(ただし、ビジネスローンには利用いただけません)


★4.利用期間
1年(契約日から1年後の当月7日まで)毎の自動更新


★5.借入限度額
500万円(10万円単位で選択)
 ※審査結果次第では、ご希望の契約した借入枠から減額の可能性もあります。
 ※専業主婦といった方でお客さまに収入がなく、収入のある配偶者がいる方のお申込みは契約する借り入れ限度額は50万円までです。


★6.借入れ利率
借入限度枠に応じて楽天銀行指定の実質金利内で設定されます。

◎利用する借入枠 :実質金利(年)
500万円 :4.9%〜7.8%
350万円以上500万円未満 :4.9%〜8.9%
300万円以上350万円未満 :4.9%〜12.5%
200万円以上300万円未満 :6.9%〜14.5%
100万円以上200万円未満 :9.6%〜14.5%

 ※MY ONEネット特約会員には上記実質金利から0.4%差し引いた特約の実質年率が適用されます。
(ただし、現在は特約会員の新規受付はしていないので予めご了承ください。)
 ※実質金利は変動金利です。適用金利は金融状況等で見直しが入ります。


★7.利息計算方法
付利単位を1円とし、1年を365日とする日割り計算とします。

利子=毎日の最初の残高×年利率÷365×[初回借り入れ日の翌日もしくは前回返済日当日までの利用日数]


★8.遅延損害金
返済をを遅延された時の損害金は、借入残高に対し、年19.9%の割合で、1年を365 日とする日割計算によって算出された金額とします。(約定返済日の翌日から計算されます。)


★9.担保・保証人
楽天カード株式会社もしくは株式会社セディナに保証されるので、担保・保証人とも不要です。


★10.保証料
不要(保証会社当ての保証料は借入利子に含まれています。)


★11.手数料
ATMでの「キャッシング」の都度、利用金額にによる以下のATM利用手数料をご負担いただきます。
利用金額1万円以下:108円、利用金額1万円超:216円
ただし、一部のATMでは無料となります。
無料のATMについては楽天銀行ホームページhttp://www.rakuten-bank.co.jp/loan/cardloan/loan.html#anchor-03
を確認してください。


★12.発行カード
楽天銀行スーパーローンカードを発行します。
 ※ただし、MY ONEネット特約会員には発行されません。


★13.お借入方法

□提携CD・ATMによるキャッシング
 楽天銀行スーパーローンカードを利用して提携CD・ATMからご出金いただけます。 ※ただし、MY ONEネット特約会員は提携CD・ATMによるキャッシングはできません。

□振込によるキャッシング
 利用者の指定口座へ借入金額が振込みされます。
 ※キャッシングは1万円以上千円単位となります。提携会社/金融機関により、1回あたりのキャッシング可能額が異なります。


★14.返済方法

□指定口座からの自動振替
 約定返済日に利用者の引落登録口座から約定返済額を自動振替されます。
 約定返済日は、1日、12日、20日、27日の中から選べます。
 ※27日は楽天銀行口座を引き落とし口座に指定する場合のみ選べます。
       (当日が金融機関休業日(土・日・祝・年末年始)にあたる場合は翌営業日となります。)
 約定返済日の前日までに指定口座へ入金してください。
 ※楽天銀行が定めた期日までに口座振替依頼書を返送しない場合は出金を停止されるので予めご了承ください。

□提携CD・ATMによる返済
 楽天銀行スーパーローンカードで提携CD・ATMから返済できます。
 ※ただし、MY ONEネット特約会員は提携CD・ATMによる返済できません。

□インターネットによる返済
 Pay-easy(ペイジー)を利用して、利用者の金融機関口座からインターネットバンキングにより返済できます。
 ※約定返済日の前14日間に約定返済額以上の返済があった場合は、約定返済日の返済があったものとみなされます。前もって振り込んでみるのもオススメです。
ただし、上記の場合でも手続上、約定返済日に口座振替がなされる場合があり、この場合は振替られた金額は後日、楽天銀行指定の方法っで精算いたします(振替日において貸付元金並びに貸付利息の返済に充当することを含みます。)。

 ※以下の場合は、繰上げ返済扱いとなります。
 【1】約定返済日の前14日間の返済が約定返済額に満たない場合
 【2】約定返済日の前14日間より以前に返済された場合
 ※尚、上記の場合の約定返済日の返済額は以下のとおりとなります。
 【1】の場合:約定返済額から繰り上げ返済額を差し引いた額
 【2】の場合:約定返済額全額
 ※お借入残高がない状態でお借入をされた場合は、借り入れ日の翌日から約定返済日までの期間が14日以上の場合は
  キャッシング直後の約定返済日が1回目の約定返済日となり、この期間が14日未満の場合には次の約定返済日が1回目
  の約定返済日となります。
  ただし、入会から1ヶ月以内にキャッシングをされた場合には、口座振替手続きの都合上、それぞれの翌月が返済開始
  月となる場合があります。
 ※約定返済を遅延された場合は、遅延分を返済するまで追加の借り入れはできません。


★15.返済額

□毎月返済額
借入れ残高に応じて返済額が確定します。

◎ご利用残高 :毎月返済額
10万円以内 :3,000円
10万円超30万円以内 :5,000円
30万円超50万円以内 :10,000円
50万円超100万円以内 :15,000円
100万円超150万円以内 :20,000円
150万円超200万円以内 :30,000円
200万円超250万円以内 :35,000円
250万円超350万円以内 :40,000円
350万円超400万円以内 :45,000円
400万円超500万円以内 :50,000円

 ※ただ、上記の返済金額以上に返済をしても問題ありません。その場合は繰り上げ返済として、完済までの時間を短縮できます。

★16.申込み時、必要な書類

 【1】楽天銀行スーパーローン申込書兼保証依頼書(インターネット申込の場合は不要)
 【2】本人確認書類
   運転免許証、健康保険証、パスポートのいずれかの写し
 【3】収入証明書類
 (1)お勤めの方…源泉徴収票・課税証明書・給与明細書のいずれかの写し
(2)ご自営の方…課税証明書・確定申告書のいずれかの写し
 ※審査の結果、上記書類以外に楽天銀行指定の書類を用意する必要があります。
 ※一度送った書類は返却されません。予めご理解ください。
 ※借入限度額200万円以下の利用者のみ、収入証明書の提出は要りません。
 ※契約する借入額200万円以下の場合でも、個人事業主または法人代表者の方は収入証明書が必要となります。
 ※審査の結果次第で、利用する借り入れ限度枠200万円以下の場合でも収入証明書の提出が必要になる場合があります。
 ※専業主婦の方(借入限度枠50万円)は、収入証明書の提出は要りません。


★17.問い合わせ先・受付時間
 楽天銀行カードセンター
 電話番号:0120−720−115
 受付時間:平日の9:00〜17:00


★18.楽天銀行が契約している指定紛争解決機関
 一般社団法人全国銀行協会
 連絡先:全国銀行協会相談室
 電話番号:0570−017109もしくは03−5252−3772


★19.その他
申し込みの際、楽天銀行および保証会社の所定の審査があります。審査の結果次第で、契約が断わられることがあります。
なお、審査結果の理由については、聞いても教えてもらえないので予めご理解ください。

 

楽天銀行スーパーローンTOP

 

 

数週間の間にいくつものキャッシング会社に申込み審査に落ちにくくする方法

「絶対お金を借りたい!」からと、1社目が審査落ちしたら2社目、3社目をという流れで複数のキャッシング会社に申し込んでしまう人がかなりいらっしゃいます。
ですが、このひと月の間にいくつものキャッシング会社申し込み方法は、ついついやってしまいそうですが|絶対にしてはいけない申込み方です。

なぜなら、キャッシング会社は申込者であるあなたの信用情報(クレジットヒストリー)を参照して審査するからです。

その信用情報はキャッシング会社間で同じ情報を共有して使われていて、いつ、どこの会社に申し込んだのか、の履歴も書いてあるのです。

楽天銀行カードローンの審査の際に信用情報を確認して、自社の前に2〜3社以上他社への申込みの履歴がわかったら、楽天銀行カードローン側はどういう風に見ると思いますか?
「あなたはいくつもの会社に申し込むほどキャッシングしたくて、他に断られた属性なんだな。」
と判断されてしまうので、審査基準で弾かれる可能性がかなり高くなってしまいます。

とはいえ、今のご時世ではネットからの申込ができるキャッシング会社も多くなってきています。
これを適切に利用すれば、いくつも申し込んでも審査落ちしないようにもできるのです。

それは、「同じ日に3社の申込を行う」という方法になります。
なぜ3社なのかと言えば、キャッシング会社によって審査基準は違うものの、一般の審査基準では「記録に記載されている申込記録が信用情報照会した時点で1〜2社ぐらいだと、大きく審査には響くことはない」とされていることに起因します。
個人信用情報をキャッシング会社が参照した時「3ヶ月以内に他社に申し込んだ」というデータない、また「1〜2社しか連続で申し込んでいない」、と思わせてしまえばその点で問題ないわけですね。

ですから、「何が何でもキャッシングを行いたい!」という人は、「楽天銀行カードローン・イオン銀行カードローン・新生銀行カードローン レイク」、というような組み合わせで同時に申込をしてみるのも1つの方法です。
さらに、個人信用情報に登録される申込の事実は3ヵ月で抹消されます。
ですので、何回かに分けて申し込みたい方、は最低でも3ヵ月後に申し込むことを心がけてくださいね。

楽天銀行カードローンのお申込みはこちら